菊芋サプリ「金の菊芋」の効果とは?
血糖値をコントロールする飲み方

 

ドクターベジフルの『金の菊芋』は、今1番売れている菊芋サプリと言われています。
菊芋の主成分であるイヌリンが、糖分コントロールを助けたり、善玉菌優勢の環境を作ってくれて、毎朝すっきり快調な状態にしてくれます。

 

金の菊芋は安い
人気の理由は、なんといってもコストパフォーマンス!
通常、サプリに”つなぎ”として使用される小麦粉成分をほとんど使用せず、
最終的な主成分も菊芋が98%という驚異の純度でありながら、定期コースなら月2,760円から購入できます。

 

ライバルの『前田の菊芋』が月額11,400円(初回のみ6,000円)であることを考えると、かなりの安さですよね。

 

金の菊芋の配合成分
使用される菊芋は、100%熊本県阿蘇地方で無農薬で育てられた菊芋なので、
イヌリン含有量では、ドイツ産を使用する『前田の菊芋』に劣りますが、国産にこだわりたい方には支持されています。

 

金の菊芋のイヌリン配合量は一日分7粒で750mg
イヌリンを含む食物繊維を一袋で32000mgも配合しているため、栄養素は十分です。
逆にこれ以下の値段でドラッグストアで買えるようなサプリは、配合量が少なすぎるのでオススメできません。

 

金の菊芋の飲みやすさ
また、金の菊芋は粒の大きさにもこだわっています。
小さなタブレットなので、飲み込む力が衰えている高齢者でも問題なく飲めます。

 

実際、私は一回で7粒飲んでいますが、6粒まとめてでも問題なく水で流し込めます。

 

毎日続けるものだからこそ、“飲む負担”を少しでもすくないほうがイイですよね。

 

菊芋だけで作られた自然のサプリだから、
飲むことも、噛んで食べることもできるため、飲みづらさに悩まされる心配もありません。

 

もちろん水で飲み込むのが1番簡単ですが、
そのままボリボリ噛んで食べても大丈夫です。
ただし、あまり美味しくないのでオススメしませんが(笑)

 

サプリメントですから、飲むタイミングはいつでも問題ありません。
ただし、イヌリンで糖分コントロールすることを考えると、食後すぐにに摂ったほうが効果は高くなるでしょう。

 

なぜ菊芋のサプリが注目されているのか

厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は約950万人。
そのうち治療を受けているのは約65%にとどまっています。
つまり、糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても治療をしないで放置している人が多いと言うことです。

 

糖尿病は予防が大事。
兆候が見えている場合は、毎日の心がけがとても重要です。

 

糖尿病とは、血糖値を抑える働きをするインスリンが正常に機能しなくなる病気です。
そのため、糖尿病の方は食事後に血糖値を抑えるために、インスリン注射を行います。
多い人は1日に4本の注射を行うのですが、注射は痛みを伴うので患者様はつらい思いをしている人が多いのが現実です。

 

菊芋の効能はインスリンと似ている

菊芋サプリの成分の「イヌリン」は「インスリン」と似た効果をもっています。
このイヌリンをサプリメントで摂取することによって、インスリン注射と同等の効果が得られ、
糖尿病の治療だけでなく、予防にも大きな効果が期待されているのです。

そのため菊芋サプリがこのインスリン注射のかわりになるということです。

 

 

他にもイヌリン自体が多糖類の食物繊維でできた成分なので摂取する事で腸内環境を整え、同時に菊芋に含まれる糖分は体内に吸収されないフラクトオリゴ糖なので腸内菌のエサとしても働き、結果腸内フローラを正常化させるので新陳代謝アップ、
そして高血圧や動脈硬化の改善、アレルギーの抑制、美肌にも効果的だと言われています。

 

このように菊芋(イヌリン)を摂取する事で血糖値を改善したり糖尿病から中性脂肪の抑制、高血圧や動脈硬化の改善、肥満予防、美容など様々な効果を発揮しますので日々の食事にぜひ取り入れたいものです。

 

・血糖値が気になる
・血液がドロドロと言われた。
・冷え性が気になる。
・高血圧気味。
・便秘がち。
・メタボ気味。
・老後に向けて体質改善したい。

 

こんな人は菊芋をサプリを試してみる価値があります!

 

金の菊芋の更にお得な買い方

金の菊芋は、ただでさえ菊芋含有量を考えれば低価格になっていますが、
今ならキャンペーン中で、初回限定で2,760円となります!
これは安い!

 

定期コースですので、2回目以降は3,200円となりますが、これでも安い!

 

しかも、開封後でも安心の30日間全額保証付きとなっています。
もし身体に合わなかった場合にも、全額返金されますので安心ですね。

 

・糖分コントロールをしたい方
・お酒や甘いもの、炭水化物などの食事制限をされている方
・糖質ダイエットをしている方
・お通じの状態が気になる方

 

これらに当てはまる方は、ぜひ一度試してみて下さい!

 

糖尿病の強い味方。『菊芋サプリ』が最近注目を集めています。
その菊芋サプリのなかでも、口コミで最も人気がある『金の菊芋』『前田の菊芋』
その効果とお得な買い方、飲み方をご紹介します。

 

 

金の菊芋と前田の菊芋 簡単比較

菊芋サプリといえば、『金の菊芋』と『前田の菊芋』が人気のTOP2のようです。
ここでは、2つの商品を簡単に比較してみました。

金の菊芋

前田の菊芋

イヌリン配合量

0.75g

顆粒タイプ

1.71g

粒タイプ

1.38g

初回価格

980円

6,000円

次回以降

3,200円

11,400円

菊芋の原産地

熊本産

ドイツ産

公式サイト

>前田の菊芋<

 

菊芋を主成分とするイヌリンサプリで口コミでの人気が特に高い「金の菊芋」「前田の菊芋」を簡単に比較してみました。

 

・金の菊芋はイヌリン配合量は前田の菊芋の半分ほどです。
・前田の菊芋は顆粒1包あたり・粒10粒あたりの配合量です。

 

・金の菊芋は熊本産。国産で無農薬栽培です。
・前田の菊芋はドイツ産。菊芋の原産地でありイヌリン配合量が多いと言われています。

 

・粒タイプの場合、金の菊芋は一日6〜7粒、前田の菊芋は一日15〜20粒が目安になります。

 

・前田の菊芋は顆粒タイプでは1日2〜6包が目安になります。金の菊芋に顆粒タイプはありません。

 

・低価格でとりあえず始めてみたいなら『金の菊芋』
・価格が高くなってもイヌリン量にこだわりたいなら『前田の菊芋』

 

こう選んでみるのがオススメですね! 

 

 

金の菊芋で血糖値改善・使用者の口コミ

前田の菊芋を飲んだ人

神奈川県・56歳

男性

 

私の家系は、元来糖尿病家系でした。
祖父は糖尿病で他界し、父親も糖尿が死因です。

 

私も若い頃から注意を受けていましたが、一日の食事量を制限し、運動も毎日散歩をしていましたが、
50歳を過ぎてから、1型糖尿病と診断されました。

 

好きなものも食べられず、運動してもすぐ疲れてしまい、体調も悪くなって人生を悲観していましたが、
たまたま医師から、紹介された「金の菊芋」を藁にもすがる思いで購入しました。

 

金の菊芋,効果,口コミ,糖尿病,
毎食前に水で飲むだけです。
金の菊芋は、タブレットが小さく、飲みやすいので続けやすいです(味はご愛嬌ですが)
半信半疑でしたが飲み始めて2週間ぐらい経ってから毎日計測してる血糖値に変化が見られました。

 

食後には400mg/dlを超えていたのが、300台となり、顕著な効果があると思いました。

 

そこから3ヶ月続けていたところ、血糖値もかなり安定し、インスリン注射も不要になりました。
主治医からも、「サプリも効果があったみたいだけど、あなたの努力が一番大きい」とお褒めをいただきました。

 

それだけでなく、便通が良くなり、かなりの距離を歩いても疲れてなくなりました。
週に一度は外食で好きなモノを食べてもいいと言われています。

 

人生に希望を取り戻せたようで、本当に感謝しています。

 

もちろん、効果には個人差があるものと思いますが、
金の菊芋は、私の同じような闘病中の方だけでなく、予防を目指す方にもぜひオススメしたいと思っています。
糖尿病は予防が一番大事です。
それが、このようなサプリメントだけで叶うのなら、素晴らしい時代になったと強く感じます。

 

菊芋とは?

菊芋とは
キクイモはキク科の植物です。
和名では「菊芋」の漢字が使われています。
秋に直径10cm程度のヒマワリに似た黄色い花を
咲かせたあと、地中に塊茎(イモ)を形成します。
イモと名がついていますが、主成分はイヌリンの水溶性食物繊維で、
デンプンを主体とするイモ類とは異なります。

 

このイヌリンは、体内で血糖値を下げるインスリンと同じ働きをすることがわかっています。
また、菊芋はイヌリン以外でも、日常生活に欠かせないミネラルやビタミン・アミノ酸を、バランス良く豊富に含んでいます。
表示カロリーの1/6程しか吸収されない低カロリー食品でもあります。

 

菊芋サプリの原料

イヌリンとは

イヌリンというのは、キクイモやごぼう、にらなどの食物繊維により作られている多糖類の一種です。
イヌリンは腸で水分を吸収することでゲル状になり、摂取した他の糖質の吸収を抑える働きを持っています。

 

イヌリンに含まれる食物繊維が、他の食べ物の糖質に絡みついて、吸収されること無く一緒に排出されてしまうのです。
加えて、イヌリンにはインスリンの過剰分泌を抑える効果があるため(イヌリンがインスリンの役割を肩代わりしてくれるから)、
インスリン抵抗性の予防や膵臓を休ませることにも役立ちます。

 

糖質の吸収を抑え、血糖値を下げる働きはインスリンに近いため、イヌリンはインスリンと同じ働きをする物質と言われているのです。

 

イヌリンと難消化性デキストリンの相違点

ここまで読んで勘の良い方はお気づきかと思いますが、イヌリンには最近ダイエット商材でよく聞く”難消化性デキストリン”と同じような効果があります。
どちらも植物に含まれる多糖類で、糖類でありながら食物繊維を豊富に含み、
人間の身体に吸収されづらいため、体内の糖質を絡め取って排出されるという特性があります。

 

難消化性デキストリンは、
・整腸作用
・食後血糖値の上昇抑制作用
・食後中性脂肪の上昇抑制作用

 

この3つの作用で、消費者庁より「特定保健用食品(トクホ)」の認定を受けている商品に多く使われていますが、
イヌリンにも同じような効果があることがわかっています。

 

加えて、イヌリンは腸内で分解されるとフラクトオリゴ糖となり、善玉菌の強力なエサになります。
これは、難消化性デキストリンにはない効果です。

 

腸内で善玉菌のエサになってくれることから、腸内環境を整える働きもしてくれる為、便秘解消などにも役立ちます。
糖質の吸収を抑えてくれることによって、インスリンの分泌量も抑えることが期待できます。その為、血糖値の上昇を穏やかにしてくれることが期待できるのです。

 

また、食物繊維が豊富なことから女性には嬉しい便秘解消効果もありますし、ダイエット食品などにも使用されていることが増えてきています。
糖尿病予防だけではなく腸内環境を整えてくれる作用も期待できるのです。